本の内容
定価
500円
発売日

冷え取り健康ジャーナル

28号「体温免疫力BOOK」

「冷えは万病の元」、「体を温めると病気は治る」……昔から言われていたこと、最近特に言われているこの言葉が、ついに科学的に証明されました!
西洋医学にはなかった「冷え」の概念を、自律神経と免疫細胞の視点から探り、どうして体を温めることが大切なのかを徹底的に説明した今号は、ベストセラー「免疫革命」の著者、新潟大学教授・安保徹先生の全面編集協力によって生まれました!
古くから、「冷えは万病の元」といわれているように、東洋医学では、体が冷えると病気になり、温めれば治るという考え方があります。
西洋医学の考え方にはそういう概念はなかったのですが、新潟大学教授・安保徹先生の手によって、ようやく、科学的な理論が解き明かされました。
「体温を上げるだけで免疫力が高まり、どんな病気も治っていく」のはどうしてなのか、自律神経と免疫細胞のしくみを考えながら、徹底的に体温と健康の関係を探った1冊です。

おもな内容

主な内容
●免疫力を高めるキーワードは、「白血球」と「自律神経」
●体温は脳の管理下で調節される
●安保徹教授ロングインタビュー/冷え取りは健康づくりの「本質」です
●マンガで納得! 体を温めると活性化される免疫力の不思議
●顆粒球とリンパ球のリズムで体質も気分も変わる
●体温を奪う生活に注意
●病気別アドバイス/体温を上げれば病気は治る!
  ガン・アトピー性皮膚炎・膠原病・腰痛・更年期障害・糖尿病・高血圧・風邪
●専門家に聞く「体温免疫力」
山下弘道(山下医院院長)・佐藤真志(佐藤気功センター所長)・吉村豊(中央大学理工学部教授)・高木邦明(静岡県立大学薬学部助教授)・青木道夫(青木脳神経外科院長)
●カンタン免疫力チェック!
●体温免疫実践方法・これで免疫力が高まる
●安保教授に健康相談