本の内容
定価
500円
発売日

冷え取り健康ジャーナル

30号「血糖値コントロールBOOK」

糖尿病は、ガンなどに比べると軽く見られがちで、本当の恐さがあまり知られていない病気です。
ですから、血糖値が高いと診断されても、日常生活に支障はないと放ってしまう人が多いのですが、その間に、少しずつ少しずつ全身の血管が蝕まれて障害が起こり始め、失明や壊疽など、取り返しのつかない状態になるなんてこともあるのです。
さらに、糖尿病は肥満、高血圧、高脂血症といった、その他の生活習慣病と重なることで、脳梗塞、心筋梗塞のような、命にかかわる病気になってしまうリスクも高まるのです。
「たかが糖尿病」ではありません。決してならないように注意しなくてはならない病気が「糖尿病」なのです。
では、どんな方法で糖尿病を予防したらいいのか、また、薬に頼らないで糖尿病を改善する方法はあるのでしょうか。
その答えになるものが、きっと今回の特集の中で見つけることができるでしょう。

おもな内容

主な内容
●スペシャルインタビュー 日野原重明先生(聖路加国際病院名誉院長)
生活習慣病の名付け親に聞く、「生きかた上手」の健康習慣
●血糖値をコントロールする特効法を探る
糖尿病セルフチェック/なぜ血糖値が高くなって、糖尿病になるのか?/本当に恐い! 全身を襲う合併症/内臓脂肪が糖尿病を招く/タマネギの抽出液は、糖尿病の妙薬/血糖代謝を活性化する桔梗二十数年根/細胞を若々しく保つ水溶性コエンザイムQ10/健康管理グッズ紹介
●海老一染之助さんインタビュー「病気になってありがとうございます!」
●私と水……立川らく朝=福澤恒利(落語家・表参道福澤クリニック院長)/萩原公子(酒処「下北沢・虎の子」店主)/田幸寛史(中央大学陸上部監督)/山下弘道(大阪・山下医院院長)ほか