本の内容
定価
1200円
発売日

冷えを撃退!

ナースの健康宣言

おもな内容
● ナースの仕事・私の場合
ナースの仕事はすばらしい。ずっと続けたかったナースだけれど、どうして辞めざるを得なかったのか。日々感じる医療の限界、次々と襲いかかる体の不調について。
● ナースは冷やされている
そんなナースの不健康。実はその原因は「冷え」かもしれません。日々の過労、体が冷えきる夜勤、心を冷やす人間関係、お寒い労働条件などなど、ナースの仕事と、「冷え」の関係について深く考える。
● 冷えるってどういうこと?
それでそもそも、「冷え」ってどういうことなの? 病気をまねく「冷え」、誰にでも襲いかかる「冷え」の恐怖、「冷え」が原因で起こる病気について解説。
● ナースから見た冷え取り健康法
医療の知識があるからこそ気が付く、冷え=低体温の恐ろしさや、冷え取り健康法のすばらしさについて。
● 冷え取り健康法の体験報告
ナースを続けるために知っておきたい「冷え」のことを座談会で語り合いました。そのほか、体験報告文も。

おもな内容

☆ 担当編集者からのメッセージ
ナースって本当に大変な仕事だな、とつくづく思います。体を壊す人も多いですし、病院に行くと、しかめっつらで無愛想なナースばっかり。医療知識を駆使して俗悪な罪を犯すナースもごくごく稀に…。
 そこで、ナースという仕事をしている方々に、もっと健康になってもらいたくてこの本を企画しました。
また、「冷え取り健康法」を実践している方々の中には、ナースがとても多いので、「ナースってもしかして冷えているのかな? それなら冷え取り健康法をすればもっと健康になれるはずだよね」と思ったのです。
そのことを著者の高山さんにご相談したところ、「そうそう、そうなのよ」ということで、この本の制作が始まり、とうとう出来上がりました。
高山さんは自称ごく普通の元ナース、ということですが、ナース精神が生き方になっているような方です。ぜひ読んで、文章から染みわたるピュアな看護精神を吸収してもらいたいと思います。
また、「看護する側がまず健康になろう」という意味で、高齢化社会の今、在宅介護も含めて「看護」に携わるすべての方々に、自分の健康と自分のお世話する方の健康を守るための参考にしていただきたいと思います。