本の内容
定価
1500円
発売日

思いやり(仁)の ガン治療

おもな内容
1.私がメスを捨てて中国医学を選んだ理由
2.西洋医学でガンが治せるだろうか
3.中国医学とは何か
4.私のガン治療法
5.冷え取りと上手な気晴らしでガン治療の効果を上げる
6.弁証論治の実際
7.部位別ガンの考え方と症例
8.ガンと闘う人たちの生の声

おもな内容

☆ 担当編集者からのメッセージ
日本人の3人にひとりがガンにかかり、4人にひとりが死ぬ時代を迎えています。はたして西洋医学でガンは治せるのだろうか?ふと疑問に思ってしまいますよね。本書の著者もそう思ったひとりなのです。放射線治療や抗ガン剤など現代のガン治療が万能ではないことは、多くの人が感じていると思いますが、しかし他にどんな道があるのでしょうか?その答えを提示するために本書は書かれました。著者は西洋医学と、ガンを「全身の免疫の低下」と考える中国医学を統合し、新たな方法でガンに立ち向かおうとしているのです。そして「人間全体」を診ること、しかも思いやりを持って診ることの必要性を主張しています。3時間病院で待ったのに3分の診察でがっかりしたという方、ぜひ本書を読んでみてください。現代のガン治療が忘れた何かを発見できると思います。