本の内容
定価
1500円
発売日

リ・ソンホ

桔梗二十数年根の物語

二十数年以上育った桔梗。
その根は山参(野生の高麗人参)に勝ると、
韓国では古くから信じられてきました…

昔から、「歳月に培われた桔梗」は、あらゆる病気に効き、
人間の永遠の夢である「不老長寿」を実現させる「不老草」といわれる幻の植物でした。
二十数年も生きる野生の桔梗の根は百万本に一本しかないといいます。
その幻の桔梗の栽培に命を賭けた、一人の農夫がいました。
彼は妻子に極貧の生活を送らせ、村人からも「桔梗狂い」と蔑まれ、聖なる山である
智異山にこもりながら、桔梗の栽培に取り憑かれました。そして、絶望の淵に佇んだ
とき、男は天の命を授かるのでした。

リ・ソンホ氏の桔梗栽培にまつわる物語を中心に、韓国で進められている桔梗二十数
年根の研究結果や、貴重な体験談、Q&Aなど紹介します。

富と名誉を考えたなら
桔梗を育てることなどなかったでしょう。
そして妻や子供を投げ捨てるようにして
桔梗に狂うこともなかったでしょう。
私はただ、古くから伝わる不老草の伝説を
今日に蘇らせ、多くの人々に有益なことを
したかっただけでした。

リ・ソンホ(--本文より) 。

おもな内容

◆もくじ◆
1章 桔梗二十数年根の生みの親、リ・ソンホ氏の物語
2章 そう、私は桔梗に狂った
3章 わが人生に課せられたテーマ
4章 より多くの人々のために
5章 血液を浄化する桔梗二十数年根
6章 桔梗二十数年根 体験談
7章 桔梗二十数年根を利用したがん治療
8章 桔梗二十数年根 Q&A