本の内容
定価
1400円
発売日

医師と患者、相互理解のために

いま医療現場で起きていること

町医者にだって言わせてほしい!
このままでは、日本の医療は崩壊する!?

わが国の老人医療費は高騰。健康保険制度そのものの危機も叫ばれています。このままでは金持ちしか病院へ行けず、貧乏人は死ぬしかないのでしょうか?
また、医療事故や、医療側の倫理観が欠如し、医師と患者の信頼関係が大きく損なわれています。
社団法人大森医師会の副会長であり、特定非営利活動法人「医療と法律研究協会」理事を務める金子整形外科・脳神経外科クリニック院長金子則彦医師が、医療界に投げかけられた疑問や問題点に関して、真摯に語ります。
医師と患者の関係改善を目指し、日本の医療問題に一石を投じる一冊。

おもな内容

第一章 現在、医療現場で起きていること
第二章 院長室から一言
第三章 患者さんといっしょに考えたいこと
第四章 最近の医療周辺の話題から
第五章 医療費の問題点
第六章 終わりにあたって

いま医療現場で起きていること

著者から一言
医療事故発生の裏側に潜むさまざまな問題点や、現代医療制度について思うこと、将来に期待することなどについて、一人の医師としてそのホンネを語りました。病院側と患者さんのコミュニケーションをもっと取って、よりよい医療を目指したいと思っています。